スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

英会話前提でトータルで英語力を身に付けるなら!聞き流す英会話教材ってどうなの?

大人になってから英会話を習得するには、けっこう大変だったりします。今は、聞き流す英会話教材が人気ですが、あれは英会話を習得できません。楽天とかで体験談を一度みてみるといいです。散々なことが書かれていますから!ただ、英会を聞き取る耳を作るという目的に置き換えるなら、一定の効果があります。リスニングパワー 口コミとか30日間英語脳育成プログラム 口コミなどが売れている理由の1つが、この英語耳を作ることに特化しているからといえます。英語耳だけでは英会話の習得はできませんが、それでも英語を聞き取るチカラがつくことは英語上達には欠かせません!

さらに英会話習得のためにも基礎的な英語力を学んでおく必要があります。いわゆる文法系ですね!学校みたいな英語学習では、英語力は身に付かないのですが、それでも基礎的な英語力は欠かせません!中学レベルの英語が学べる本とか売られているので参考にしてみると良いですね!

そして英単語です!例えばNHKの基礎英語とか聞いていると、何となくでも聞き取れるのは、自分が知っている(発音できる)英単語がある場合が多いはずです。ここで英単語を知っておくことは、英会話習得にもプラスになることが分かります。短期集中で英単語を学ぶなら英単語カンタン記憶ソフト V6000 口コミなどが人気です。

そして、これらの英語力をトータルに学習できるのがアルクの1000時間ヒアリングマラソン 効果ですね!企業の英会話研修用の教材にも使われているので、無いように付いては問題ありません。ただ、続ける覚悟が必要になるのですが・・・ちなみに1000時間って1日3時間で1年で約1000時間の計算みたいです。このぐらい学習しないと英語って身に付かないようですね!
スポンサーサイト

タグ : 英語力, 英会話上達,

| 英会話上達の秘訣 | TOP↑

英会話上達の秘訣は!1日5分の聞き流しの謳い文句が多いけど!

英会話上達の秘訣って何でしょうね?最近は、1日5分聞き流すだけという英会話教材が多いですが、英語を諦めた人がそれだけで自然に英語が口から出てくるのか不思議でなりません!

ただ赤ちゃんが言葉を話す過程を考えてみると分かるのですが、決して言葉を学んでいるわけではないですよね!要は、回りの人の話し言葉を聞いているうちに、言葉を話すようになるというのが正しいみたいです。そのため脳自体は、英語に特化とか日本語仕様に作られている訳では無いみたいですね。

そう考えると、1日5分は別にして英会話を聞き流す勉強法には一定の効果があると考えることが出来ます。特に日本語と英語では、決定的に違うのが音の周波数の問題です。低周波な日本語に比べ、英語は高周波になるそうです。そのため高周波に慣れ親しんでいない一般的な日本人には、英語が聞き取りにくい(要は雑音)わけです。

そにため英会話を聞き流すことで、まず英語耳を作ることからはじめ、それが結果として無意識に英語が口から出てくることにつながるみたいですね。英会話が出来ない方の多くは、聞いた英語を日本語に変換して理解しようとするのですが、これでは何時までたっても英会話をマスターすることは出来ず、英語を英語として理解できるようになると英会話もマスターできると言われています。

そこで1日5分に戻るわけですが、赤ちゃんですら回りの会話を聞いているのが5分ということは無いと思います。そのため1日5分の場合は、やはりそれなりの時間がかかることが予想されますよね!特に1000時間という単位を出している英語教材(英会話教材かな?)がありますが、ある程度時間をかけて継続する必要がある感じです。

そのためフルセットだと20万を超えるスピードラーニング英語ですが、やはり個人的には試してみたいと思う気持ちが強くありますね!

タグ : 英会話上達, 聞き流す,

| 英会話上達の秘訣 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。